寝ると太るって本当?あまり寝ないほうがダイエットには良い?

よく「寝すぎると太る」と言いますね。

 

確かに、寝る時間が長い人はなんとなく太りそうなイメージがあります。

 

それに、日中の活動時の消費エネルギーよりも睡眠で消費するエネルギーというは少ないですから、睡眠時間が長いとそれだけ太りやすくなってしまいそうな感じがします。

 

でも結論から先に言うと、「逆に睡眠時間が短いと太ってしまう」のです! それはなぜかと言うと、睡眠不足になると「レプチン」というホルモンの分泌が減少してしまうから。

 

このレプチンは「痩せホルモン」とも呼ばれていて、脳の満腹中枢を刺激することで食欲を抑制し、かつエネルギーの消費を促進してくれる働きがあります。

 

ですが、夜更かしや不規則な生活などで慢性的な睡眠不足に陥ると、レプチンがどんどん減少してしまい太りやすい体になってしまうのです。

 

実際、日本人男性の平均睡眠時間と肥満について調べた研究で、睡眠時間が5時間未満の人は5時間以上の人と比較して肥満の割合が高いという結果もあります。

 

また、睡眠不足の人はどうしても夜遅い時間に夕食を食べることが多いというのも、肥満につながるポイントです。

 

人間の体に備わった体内時計を働かせているのものの一つはBMAL1(ビーマルワン)というタンパク質。

 

BMAL1が1日の中で増減することで、体が活動したり休んだりというリズムができるのです。

 

そしてこのBMAL1は、脂肪の合成を促進する働きがあり、最も量が増えるのが夜中の10時~2時頃の時間帯なのです。

 

ですから、夜遅くまで起きてものを食べてしまうと、同じものを日中に食べるよりも脂肪として体に蓄えられやすくなってしまうというわけです。

 

これらのことから、早寝早起き、かつしっかり睡眠を取るということは痩せやすい体づくりにもとても大事だと言えるのですね。

 

ついつい夜更かしをしてしまう…という人は、是非普段の生活リズムを見直してみて下さいね!