どう飲めばいい?グリーンスムージーのオススメの飲み方は?

グリーンスムージーってどのように飲むのが正解なのでしょうか?グリーンスムージーを適した飲み方で飲みたいと思っている方が疑問なのはグリーンスムージーの栄養分を取りやすい飲み方や飲むタイミングでしょう。

 

そんなあなたの疑問に答えますので、最後までご覧ください。

 

グリーンスムージーの飲み方は特にこれと言った決まりはなく、好きに飲んで大丈夫です。

 

しかし効き目の出る飲み方というものは存在しています。

 

では「どう飲めばいいのか分からない」と悩む方のためのオススメの飲み方をご紹介しましょう。

 

それは野菜+果物+水で飲む方法です。

 

グリーンスムージーは牛乳や豆乳やヨーグルトとブレンドして飲む人が多いのですが、実はこれ栄養分の吸収を妨害します。

 

牛乳や豆乳やヨーグルトのような乳製品を入れてしまうと、組み合わせが悪く栄養の吸収が効率よくできずにせっかくの栄養がしっかり吸収できないのです。

 

ですから栄養をしっかり摂るためには「水」がオススメです。

 

ジュースもいいですがダイエットには絶対に向かないので、なるべく栄養をしっかりガッツリ吸収したければ水をブレンドしてください。

 

また飲むタイミングはいつがいいかですが、グリーンスムージーは朝飲んでも夜飲んでも効果は変わりません。

 

代わりにグリーンスムージーを飲む40分前からグリーンスムージーを飲んだ後の40分はなるべくものを食べないようにしてください。

 

その方が栄養の吸収量が高く、消化吸収が良くなります。

 

空腹のときに飲むと栄養吸収率が良いのでオススメですよ。

 

ただ飲む時間は関係ないので、いつでも好きな時に飲みましょう。

 

それから冷蔵庫で冷やしたグリーンスムージーはお腹を冷やして胃や腸の負担になる場合があります。

 

なるべく常温で飲むようにしましょう。

 

それにグリーンスムージーを作った後数十分置きっぱなしにすると中身が分離したりして、大変飲みにくい味になります。

 

なるべく作ってすぐに飲むことがオススメです。

 

できれば1リットル以上飲んで、栄耀をしっかり補給しましょうね。

 

寝ると太るって本当?あまり寝ないほうがダイエットには良い?

よく「寝すぎると太る」と言いますね。

 

確かに、寝る時間が長い人はなんとなく太りそうなイメージがあります。

 

それに、日中の活動時の消費エネルギーよりも睡眠で消費するエネルギーというは少ないですから、睡眠時間が長いとそれだけ太りやすくなってしまいそうな感じがします。

 

でも結論から先に言うと、「逆に睡眠時間が短いと太ってしまう」のです! それはなぜかと言うと、睡眠不足になると「レプチン」というホルモンの分泌が減少してしまうから。

 

このレプチンは「痩せホルモン」とも呼ばれていて、脳の満腹中枢を刺激することで食欲を抑制し、かつエネルギーの消費を促進してくれる働きがあります。

 

ですが、夜更かしや不規則な生活などで慢性的な睡眠不足に陥ると、レプチンがどんどん減少してしまい太りやすい体になってしまうのです。

 

実際、日本人男性の平均睡眠時間と肥満について調べた研究で、睡眠時間が5時間未満の人は5時間以上の人と比較して肥満の割合が高いという結果もあります。

 

また、睡眠不足の人はどうしても夜遅い時間に夕食を食べることが多いというのも、肥満につながるポイントです。

 

人間の体に備わった体内時計を働かせているのものの一つはBMAL1(ビーマルワン)というタンパク質。

 

BMAL1が1日の中で増減することで、体が活動したり休んだりというリズムができるのです。

 

そしてこのBMAL1は、脂肪の合成を促進する働きがあり、最も量が増えるのが夜中の10時~2時頃の時間帯なのです。

 

ですから、夜遅くまで起きてものを食べてしまうと、同じものを日中に食べるよりも脂肪として体に蓄えられやすくなってしまうというわけです。

 

これらのことから、早寝早起き、かつしっかり睡眠を取るということは痩せやすい体づくりにもとても大事だと言えるのですね。

 

ついつい夜更かしをしてしまう…という人は、是非普段の生活リズムを見直してみて下さいね!

どうやって作る!?簡単にできるグリーンスムージーの作り方紹介

グリーンスムージーはお家で作れるジュースです。

作り方は至極簡単にできるので、お家でもお手軽にできますね。

 

ですから心配しないでください。

 

作るために必要なものは材料である「葉物野菜」と「果物」です。

そして大事なのは水分であり、葉物野菜と果物だけでは水分が足りずに飲み物になりません。

ですから飲み物にするために水分である「水」や「ジュース」などを入れて見ましょう。

 

これがグリーンスムージーの材料です。

これをブランダーやミキサーで混ぜ合わせてできた飲み物が「グリーンスムージー」なのです。

こんなに簡単にグリーンスムージーはできるのですよ。

 

ちなみに詳しく材料を説明すると、グリーンスムージーに使う葉物野菜は「ほうれん草や小松菜や水菜」などから選びましょう。

これらの葉物野菜はそれほど主張せずに飲めて、飲みやすいです。

 

これに果物である「オレンジやバナナやブルーベリーやパイナップルやキウイやリンゴやナシ」などから数種類を選んで混ぜ合わせてブランドします。

そうすると健康で美容にもいいグリーンスムージーが出来上がります。

 

逆にキャベツや白菜やトウモロコシ、カボチャなどは入れてはいけません。

このようなでんぷんが入った野菜は果物との相性が悪く、腸内にガスが溜まってしまうのです。気をつけましょうね。

 

グリーンスムージーには野菜と果物と水分以外は入れる必要はありません。

甘さは果物が出してくれるので砂糖やはちみつみたいな余計なものは必要なく、自然に甘みものあるジュースになるのです。

 

ぜひこのグリーンスムージーをお家で作って試してみましょう。

少々材料費はかかりますが、それでも簡単に栄養をたっぷりと補給できるところは嬉しい飲み物です。

 

また自作のグリーンスムージーは本当に簡単にできますが、もっと早く作れるのが市販のグリーンスムージーです。

市販のグリーンスムージーなら粉末と水分(水やジュース)をシェイカーで振るだけでできてしまう簡単さです。

 

洗い物がほとんどなく、作る手間もいらないので、相当の面倒くさがりさんでも作れます。

 

自作のグリーンスムージーが面倒だという人は市販のグリーンスムージーを作ってみましょう。

手軽さに磨きがかかっていて便利ですよ。

ダイエットの時にグリーンスムージーを飲むならこんな方法で飲もう

野菜やフルーツたっぷりのグリーンスムージーは、ダイエットにも最適な飲み物です。

ですが適当に飲むよりも、ダイエットに適した飲み方がいろいろあります。

 

それではグリーンスムージーを飲む時間帯や、使いたい食材、飲み方などを紹介していきましょう。

まずグリーンスムージーを飲む時間帯は、朝が適しています。

 

朝に飲むことでお腹に刺激を与えることができるからです。

グリーンスムージーにはたっぷりの食物繊維や野菜の栄養が詰まっています。

 

そのため朝に飲むことで、お通じを促す効果を得られるのです。

ダイエット中にお通じをよくすることで、それだけでもお腹のポッコリを解消することができます。

 

また、代謝もアップしますし、腸内環境も改善可能です。

グリーンスムージーに使う食材は、好きな野菜やフルーツ、ヨーグルトや牛乳を使いましょう。

 

甘みが欲しい場合にはハチミツやメープルシロップなどを使う方が良いでしょう。

なるべく砂糖を使わないことで、野菜やフルーツの栄養をそのまま取り込むことができます。

 

また生でも食べられる野菜やフルーツを使うことが基本です。

緑の野菜ならキャベツやほうれん草、フルーツはリンゴやバナナなどが適しています。

 

ナッツなどを加えても構いませんし、牛乳が苦手な場合には豆乳やアーモンドミルクなども使えます。

もちろん普通に水を使っても構いません。

 

また、グリーンスムージーは野菜やフルーツを冷蔵庫から出してすぐに作ることが多くなります。

朝一番に冷たすぎるものを飲むと、体が冷えてしまうという人もいるでしょう。

 

冬などには続けにくくなってしまいます。

グリーンスムージーは温めて飲むこともできます。

 

温かいグリーンスムージーなら冷え性の人も続けやすいですし、栄養は中に溶けているのでしっかり摂取することが可能です。

 

なるべく体を冷やしたくない場合には、ホットにして飲むことも考えてみましょう。

フルーツを使わずにスープのような感覚で飲むこともできます。