どうやって作る!?簡単にできるグリーンスムージーの作り方紹介

グリーンスムージーはお家で作れるジュースです。

作り方は至極簡単にできるので、お家でもお手軽にできますね。

 

ですから心配しないでください。

 

作るために必要なものは材料である「葉物野菜」と「果物」です。

そして大事なのは水分であり、葉物野菜と果物だけでは水分が足りずに飲み物になりません。

ですから飲み物にするために水分である「水」や「ジュース」などを入れて見ましょう。

 

これがグリーンスムージーの材料です。

これをブランダーやミキサーで混ぜ合わせてできた飲み物が「グリーンスムージー」なのです。

こんなに簡単にグリーンスムージーはできるのですよ。

 

ちなみに詳しく材料を説明すると、グリーンスムージーに使う葉物野菜は「ほうれん草や小松菜や水菜」などから選びましょう。

これらの葉物野菜はそれほど主張せずに飲めて、飲みやすいです。

 

これに果物である「オレンジやバナナやブルーベリーやパイナップルやキウイやリンゴやナシ」などから数種類を選んで混ぜ合わせてブランドします。

そうすると健康で美容にもいいグリーンスムージーが出来上がります。

 

逆にキャベツや白菜やトウモロコシ、カボチャなどは入れてはいけません。

このようなでんぷんが入った野菜は果物との相性が悪く、腸内にガスが溜まってしまうのです。気をつけましょうね。

 

グリーンスムージーには野菜と果物と水分以外は入れる必要はありません。

甘さは果物が出してくれるので砂糖やはちみつみたいな余計なものは必要なく、自然に甘みものあるジュースになるのです。

 

ぜひこのグリーンスムージーをお家で作って試してみましょう。

少々材料費はかかりますが、それでも簡単に栄養をたっぷりと補給できるところは嬉しい飲み物です。

 

また自作のグリーンスムージーは本当に簡単にできますが、もっと早く作れるのが市販のグリーンスムージーです。

市販のグリーンスムージーなら粉末と水分(水やジュース)をシェイカーで振るだけでできてしまう簡単さです。

 

洗い物がほとんどなく、作る手間もいらないので、相当の面倒くさがりさんでも作れます。

 

自作のグリーンスムージーが面倒だという人は市販のグリーンスムージーを作ってみましょう。

手軽さに磨きがかかっていて便利ですよ。